2019年夏の話 「青春18切符」「仙台」「石巻」「女川」




今年の夏は仙台にいた.目的はスピッツ主催のライブ「ロックのほそ道」に参加するため.親友と二人で参加してきた.ライブは最高に楽しくて感動して泣きながら聴いていた.

会場である仙台までは青春18きっぷで移動した.僕が住む神奈川県から宮城県までは在来線で10時間くらいかかるから,まぁ長旅だ.飛行機だと日本とヨーロッパくらいにの移動時間になるだろうか.つまりお尻が痛い旅だ.でも,旅はいいものだ.そんな尻の痛さのような些細なことは一切吹き飛ばしてくれるほど魅力的だ.

旅の魅力は沢山あるけれど,僕が一番好きなのは人に出会えることだ.今回の旅でも沢山の人に出会った.と言っても,少し喋ったくらいなんだけど.

僕はシャイな人間だから普段はあまり積極的に人に喋りかけれない.女の子に声をかけるとか無理無理無理… でも旅はそんな僕を少しだけ変えてくれる.一緒にバスを待っている同い年くらいの男性や,バスの運転手さん,そして,居酒屋で料理を運んでくれるお兄ちゃんなど,沢山の人と喋った.女の子に声をかけることはできんかったけど…

少し遠くまで旅に出ると,同じ日本なのに全然違う世界に来た様な感覚にさせてくれる.そんなの当たり前?僕は普段 「国内はどこへ行っても同じじゃない?」と勝手に錯覚している.だから旅に出ると「そんなの全然,嘘!嘘!うそ!!」とハッと気づきをくれる,これもまた,旅の魅力だ.



仙台ではライブの他に牛タンを食べカラオケへ行きスピッツを熱唱してきた.そういえば,ここ2年ほどカラオケに通いまくっている.だいたい毎週末,一人でカラオケに行っている.最近は5時間くらい一人で歌っている.それだけ歌っても声が枯れなくなったのは大したものだと思う.上手くないけど.

仙台の話に戻る.牛タン美味かった.

翌日は親友は帰路についたため,一人で仙石線で石巻まで行って来た.スピッツのボーカル,草野マサムネさんが今年の春に石巻の「石ノ森萬画館」へ行ったという情報をゲットしたからだ.ミーハーである.僕は全く漫画を読まない.そのくせ「萬画館」と名のつくところへいそいそと出向いてしまうのだ.誰が見てもミーハーだ.電車の中で「この電車に草野さんも乗っていたのか,もし目の前に座ってたらやばいな」と妄想してた.ミーハーだ.

石巻の街は素敵だった.散歩しているだけで気分がいい.海鮮丼美味かった.

さらに足を延ばしてみようと女川まで行ってみた.本当は石巻線で女川まで行きたかったんだけど,ちょうどいい電車がなくてバスに乗った.バスの揺れ方で人生の意味なんて全然わかんなかったけど,意味なんてなくても一生懸命生きていくことが人生なんだなって思った.そんなこと考えてたら女川駅についた.

女川いいところだった.海が綺麗だった.女川駅には温泉がある.駅のちょうど目の前にある温泉だ.温泉気持ちよかった.

女川から石巻まではJRキハ110系で帰って来た.電車の揺れは心地よい.この揺れを再現できる寝具があれば不眠症はなくせると思っている.こんなしょうもないことばかり考えている.

帰路.宮城から神奈川まで在来線で10時間かけて帰る.帰路はいつだって寂しいものだ.その分思い出は沢山できた.今でもその余韻は残っている.ひたひたと波打つ余韻.いつまでたっても心地よい.

また行きます,東北.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です