ブログを書くスタイルについての話|大事なことは自分の言葉で書くこと|SEO対策は必要だけど

「もっと,こう,自分の言葉で表現してもいいもんなんだな」と思い始めてからはブログを書くのがとても楽しくなった.

ぼくがこのブログを書き始めた頃と今とでは文章が全然ちがっている.今の文章は,なんていうか,こう,とても変だ.変わっていると思う.自分で言うのもアレだけど.

そもそもこうしてインターネット上でちゃんと文章を書くこと自体が初めてだから,どうやって書いていいかわからんかった.だから無駄に「私」とか「である」だとかそういう硬い言葉で書いてきた.ぼくとしてはそれは面白くない.まったく.

いまは少し変えて1人称に「ぼく」とか使っている.幼く感じるかもしれないが,それでいいと思っている.さらに,ひらがなも積極的に使うようにした.つまり文書の印象が若く見えるような感じで書いている.たまにボケとか入れてみたりもしている.面白いとか面白くないとかはさておき.

結局,自分が面白いと思う文章でなければ誰が読んでもつまらない.一番つまらないのは書いている本人だ.自分もつまんないし,読んでいる方もつまらないわけだから,なにやってんのかわかんなくなる.

せっかくレストランへ食事に行ったのに「いやー,これ美味しいかわかんないっす」とか言われながら出された料理が本当に不味かったときに,心の底からこみ上げてくる悲しみと後悔で涙するのと同じである.

イケハヤさんのブログ収益が激減したらしい.というニュースがヤフーかライブドアのニュースになってしまうくらい有名な,あの,イケハヤさんのブログ収益が激減したらしい.言いたいこと,わかってもらえるよね… 悲しいけど,残念だけど,ブログで稼ぐのは本当に難しいらしい.

こんなことを言うと綺麗事に聞こえてしまうかもしれないけれど,ぼくはブログで稼ぐことを諦めた.それよりも,こうして文書を書くことを楽しもうとおもった.つらつらとあてもないことを書いていると「自由だなぁ」と思う.インターネットの世界には自由がある.

SEOとかネタとか考えずに書けばいいと思う

ブログへ集客するためにSEOとかそういうテクニック的なものが大事といわれている.いやほんとに大事だと思う.だってぼくのブログはそういうことしていないから,ぜんぜんPV数とか伸びないもの.たしかにさ,どこの馬の骨ともわからない人が書いているわけだから,そもそもスルーするでしょ.
どうせみんなスルーするでしょ.
見て見ぬふりして通り過ぎて行くでしょ.

そういうのじゃなくて,とりあえず余計なことを考えずに,書きたいことを書けばいいと思う.ぼくの場合「きょうは何書こっかなー」とか考えながら帰宅して,夕食作って食べて,こうしてカタカタと思いつくままに書いている.ぼくはテレビを持っていないから,帰宅してもテレビを観ることができない.一人暮らしを始めてかれこれ10年くらいたつけれど,一度もテレビを持ったことがない.実家に帰ったときはよくテレビ観る.テレビってほんと面白い.買わんけど.

日記系ブログは流行らないとかいうけれど

ぼくも日記系ブログは流行らないと思う.でもさ,超超超綺麗なお姉さんの日記だったら,毎日見ちゃうよね.同じことを言ってバズる人とそうじゃない人がいる.大切なのは言葉とか文章とかそういうのじゃないんだなって教えてくれる.人気者が人気を呼ぶ.お金がある人のところにお金が集まるのと同じだなと思う.だから読まれないブログはほんとうに読まれない.ぼくはそれでもいいと思っている.自分が書いた文章をあとから読み返して,オモシロイこといっとるやん!とか思ったりする.誰も褒めてくれないから自分で褒める.そうやって自分の機嫌をとれるのが大人だと思う.

ぼくは日記系ブログを読むのが好きだ.どこの誰か全然知らない人が書いた日記ブログを読むのは,なんていうか,その人の人生を少しだけ覗いているような,不思議な感じにしてくれる.「ふむふむ,こんな人生なんだな,おもろいやん」とか言いながら何年も前に書かれた記事を読み返したりしている.人の人生を読むのは楽しい.なんていうか,全然自分と違うんだな,と思う.

振り返ると,僕の人生は本当に平和だった.家族や両親,友達に本当に感謝しているしみんな愛してる.大好きな人たちに囲まれて生きてこれた僕は幸せ者だなといつも思う.いつまでも平和が続いてくれればいいなと思う.今日もこうしてつらつらとブログを書けることが幸せだ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です