節約のために使い切る感覚を大切にしよう|捨てることは実は損しているかも

tsukaikiri

使いきれないほどのモノに囲まれて生活をしていませんか?

モノが溢れてくると「あ,捨てなきゃ」と思って処分するのはよくある話だ.

でもそれは,目の前のモノを処分することに夢中になって,実はとても損しているかもしれない.

今日は節約のためには,モノを捨てる前に使い切ろう,という話をしたい.

なかなか上手に節約できない,モノを捨ててもすぐに増えてしまう.そんな方に読んでいただければ幸いだ.



節約のために捨てる前に使い切ろう

節約でもっとも大切なのは「お金を使わない」ことに尽きる.

お金を使わないためには,どうすればいいか?

そう考えると答えはシンプルだ.

・今あるモノでどうにかする

これに尽きる.

そのためには,

モノを捨てる前にちゃんと使い切る.

その感覚を身につけよう.

これはテクニックというよりマインドセットに近い.

日々の無駄を少なくしたい方にぜひ習得してもらいたいマインドセットだ.

節約のために使い切るメリット

節約のために使い切るメリットは次の3つ.

・無駄な買い物が減る
・無駄なモノが増えない
・買い物の満足度が上がる.

順番に見ていこう.

無駄な買い物が減る

使い切ってから買うことで,無駄な買い物が減る.

そうすれば必要なモノしか買わなくなるし,無駄な在庫を家の中に置いておく必要がなくなる.

本当に必要なモノだけで生活できるようになれば,必要なモノとそうでないモノの区別は容易になる.

さらに買い物をする時間だって削減することができる.

無くなったら買う.

そんなシンプルなIf Then条件を意識するだけで,買い物の効率もグッとあげることができる.

無駄なモノが増えない

無駄な買い物が減れば,必然的に無駄なモノも増えない.

生活に必要なモノはそんなに多くない.

必要なモノだけを使って,それを消費しながら生活を回していけば,自ずと必要なモノだけが残っていくはず.

そして,必要なモノとそうでないモノの認識も明確になるはず.

そうなればあとは不要なモノを捨てるだけ.

まずは必要なモノに注目すると,捨てることもとても容易になる.

買い物の満足度が上がる

買い物には2つのタイプがある.

・必要なモノの買い物
・欲しいモノの買い物

必要なモノ=欲しいモノ,という方程式は常に成立しない.

その方程式が成立したとき,買い物の満足度はとても上がる.

欲しいモノの買い物は,手に入れた瞬間に所有欲のピークを迎えるけれど,必要なモノの買い物は手に入れた後もずっと続く.

なんでも容易に購入できてしまう時代だからこそ,しっかり選んだモノの満足度は高い.

節約のために使い切る方法

節約のために使い切る方法は次の3つ.

・無くなったら買う
・必要になったら買う
・壊れたら買う

順番に見ていこう.

無くなったら買う

たくさん買いだめしてないですか?

もしそうなら,買いだめは本当に無駄だからやめたほうがいい.

いつ使うかわからないモノに,貴重なスペースを占領されているのって悔しいですよね.

アマゾンや街のホームセンター,薬局をあなたの倉庫と見立てよう.

今は必要なときに必要なだけ購入できる,とてもありがたい時代だ.

世の中には十分なモノで溢れている.

わざわざあなたの貴重なスペースを,保管のために利用する必要はない.

無くなったらアマゾンに送ってもらうようにしよう.

必要になったら買う

欲しいけど必要でないモノを買っていませんか?

もしそうなら,欲しいという理由だけでモノを買うのはあまりオススメしない.

きっと買って満足して,使わずに終わる.

モノを買う前に,なぜ欲しいのか?その理由を考えてみると,とても冷静になれる.

・みんな持っているから
・流行っているから
・限定だから

不要だけど欲しくなってしまう理由はだいたいこんな感じだ.

どうしても手に入れたくてたまらない.

そんなときこそ,少し時間をあけて冷静になってみよう.

なんであんなに渇望していたんだろ?

そう思えるときがすぐ訪れる.

衝動的な物欲ほどすぐ冷める.

本当に必要なモノは,悩み抜いて納得した上で購入するはずだ.

本当に必要なモノだけを手に入れるようにしよう.

壊れたら買う

まだ使えるのに,新しいモノを買っていませんか?

もしそうなら,ちゃんと使い切ってから新しいモノを購入しよう.

なぜなら,それは新しいモノを購入する一番の動機になるから.

壊れちゃったから仕方がない,一番納得いくものを購入しよう.

そうやって,自分を正当化できる.

これほど気持ちのいい買い物はあまりない.

もちろん全てのものに限界が来るわけではない.

Tシャツを例にとってみれば,すり切れるまで着る人はあまりいない.

そういうモノには

あと10回着たら買い換えよう.

そうやって消費期限を設定することで,気持ちよく買い替えることができる.

使い切った達成感を味わってから,次のモノを購入しよう.手に入れたときの満足度はグッとあがるはずだ.



まとめ|節約のために使い切ろう

節約のために,捨てる前に使い切ろうとういう話をした.

世の中にはモノが溢れている.それを上手に売るための仕組みがあちらこちらに設置してある.

そういった情報に惑わされず,あなたが本当に必要なモノだけに集中してほしい.

そうすれば,今捨てようとしているモノの中から,実はまだ使えるモノが見つかるはずだ.

そして,それを使い切って新しいモノを手に入れるとき,きっとこれまであまり感じたことのない買い物の楽しみを味わえるはずだ.

以上,最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました