「いいね病」数字に踊らされる僕ら|SNSとブログの本当に楽しいことって?

SNS-and-Number

今日は「数字」について書いていく.

日々Twitter, InstagramなどSNSで投稿されている方,そして僕のようにブログを書いている方.

そんな方々が「数字」つまり,フォロワー数,「いいね」「RT」の数,PV数などに悩んでいるときに読んで頂ければ幸いだ.



「いいね病」は現代病

SNSで投稿を始めると必ずかかる「いいね病」.

「いやいや,私は違うよ〜」

と,言っている人ほどかかる病気だ.

その感染はおそろしいほど無意識で,気がつけばいつの間にか発症している.

僕も昔,発症した.

Tumblerに上げた写真がほんの少しだけバズったのだ.

https://tktschi.tumblr.com/post/136880201924/%E9%80%B1%E6%9C%AB%E3%81%A7%E3%81%99-weekend-bmw-m3-e46-m%C3%BCnchen-deutsch-2011

といっても,120ほどのlikedだけだけれど.

そのときは,一瞬の出来事だったけれど通知が鳴り止まなかったのを覚えている.

そして思った

「みんなこの写真好きなんだ,嬉しい!」

完璧にSNSの虜になってしまった.

それから

「またバズるかな」

という下心が芽生えてしまった.

でも,バズったのはそれっきりで,それ以降はTumblerでlikedがつくことはほとんどなかった.

そして,Tumblerへの投稿もさっぱりやめてしまった.

つまり,likedがもらえないからやめてしまったのだ.

僕は完全に「いいね病」だった.

あなたにも経験はないだろうか?

「私は大丈夫」と思っていたけれど,いざバズってみると「最高に嬉しい!」と思った経験.

「いいね」が増えれば増えるほど,「フォロワー数」が増えれば増えるほど,

カラッカラに乾いた承認欲求が甘い蜜で満たされ,全く通電してなかった報酬系がゴリゴリに刺激される.

それは「快感」の一言だ.

この快感がやめられなくて,SNSを続けている人も多いだろう.

それが「いいね病」だ.



脳科学的に見ても「いいね」が嬉しいのは当たり前

誰だって人から「いいね!」と褒められれば嬉しいものだ.

だからSNSで「いいね」をしてもらえたときの嬉しいと感じることは正常だ.

なにも間違っていない.

素直に「やった,嬉しい!」と思えばいいのだ.

問題はその「いいね」をもらうことが目的となってしまうことだ.

「いいね」は人の報酬系をゴリゴリに刺激する.人は報酬系を刺激されると快感でたまらなくなる.

例えばアルコール依存症も同じで,アルコールを飲むと気分がいいことを知っている脳は,アルコールを渇望する.そしてアルコールが手に入った途端,報酬系が刺激される.これを繰り返すとアルコールがやめられなくなる.

飲めば飲むほど,もっと飲みたくなる.これがアルコール依存症だ.

僕は下戸なので,アルコールを飲んで気持ちいいなぁと思えない人だから,気持ちよく酔っ払っている人をみると羨ましく思ったりするんだけれど.

そのアルコールを数字に置き換えてみよう.

一度数字を手に入れたら,もっと多くの数字を手に入れたくなるのが「いいね病」だ.

脳科学的にみても「いいね」を欲しくなるのはしかたのないことなのだ.

快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか (河出文庫) Kindle版

「いいね病」の予防は「数字」は追わないこと

SNSは数字がダイレクトに明確に現れる.

だから,SNSやブログをやっていると数字の悩みは尽きない.

・フォロワー数
・「いいね」「RT」の数
・PV数

これらの数字は

・この人は人気があるんだ
・この記事は人気ないんだな

など,客観的な評価が数字となって現れる.

だから,それが自分の事となればもう大変.

せっかく「これはウケる!」と思って投稿しても残念ながら期待通りの「いいね」がもらえなかったら

「あなたがやっていることは面白くないですよ」

と画面の向こう側から言われているのと同じだ.

期待値が大きかった分,そのショックは大きい.

もし,そんな状況が続けばどうだろうか?

心折れないだろうか?

疲弊しないだろうか?

僕には無理だ,心が折れる.

「いいね病」の予防は「数字」を追わないこと.

そしてSNSやブログで自分自身の表現を楽しむことだ.



SNSやブログを続ける意味とは?

自分がアウトプットしたものが誰かの役に立ったり,共感してもらえるとそれはSNSに限らず嬉しいものだ.

だけれど「人のために」と利他的にSNSを利用する人はどれくらいいるのだろうか?

個人アカウントであればごく少数だろう.

きっとほとんどの人の投稿する理由はこうだ.

・見て見て!私の撮った写真すごくない?
・ちょっと聞いてよ!こんなことあったよ!

あなたはどうだろうか?

「いいね」が欲しいから?

「共感」してもらいたいから?

「フォロワー数」を増やしたいから?

「PV数」を増やしたいから?

本音はこの辺りじゃないだろうか?

投稿する理由をちゃんと考えてみると,モヤモヤしている感情の中からカチッとした意思が見えてくるはずだ.

ちなみに,僕がブログを書く理由は次のような感じだ.

・経験や知識のインプットから得られる学びや気づきをアーカイブ
・そのアーカイブを多くの人に共有して役にたちたい
・ブログ運営のための収入を得たい

SNSやブログに投稿する意味をもう一度考えてみると,その目的が明確になる.

数字を追うことは僕はおすすめしない.

どんな数字にしろ,それは後からついてくる.

どれだけ数字を追っても全然「楽しくない」のだ.

日本には自分自身を自由に表現できる環境がある.

SNSやブログを使って人生を楽しもう.



SNSやブログの楽しみ方

「いいね」が少ない、もしくは無いとつまらない。

あなたが投稿したものの価値は「いいね」で決まる。

そんな「いいね病」にならずにSNSやブログを楽しむにはどうすべきか?

SNSの本来の楽しみ方は「投稿する楽しみ」だ.

・文章を書く
・写真を撮る
・動画を撮る
・絵を描く
・音を録る

こういった諸々の製作活動の結果を投稿する.

アカウント自体が自分の作品となっていく.

「いいね」や「フォロワー数」は後からついてくるものだ.

初めからその「数字」を追ってしまってはSNSやブログはまったく楽しくない.

自分が楽しんでいる製作活動をより楽しくするためのツール,

それがSNSとブログなのだ.

以上,最後まで読んでいただきありがとうございます!

快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか (河出文庫) Kindle版

コメント