JCBカード 海外旅行傷害保険でスーツケースを修理した話 | 修理に必要な書類など

JCB-hoken

こんにちは.

先日,今年の海外出張の際にスーツケースを破損したお話をしました.

その修理費用は,私の所有している JCBカード の「海外旅行傷害保険」にて補償していただいたので,それについて少しお話をしたいと思います.



JCB 海外旅行傷害保険は心強い

JCBカードは所有をしているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯されます.

その特権が得られるクレジットカードは他にもありますが,私の所有しているJCB プラチナカードでは,治療費用を1000万円まで補償していただけたりと,十分な補償内容となっていてとても心強いです.

詳しくはこちらのページをご確認ください.
JCBカード 保険

海外旅行の際に,保険について悩まずに済むので,そういった面でも非常に助かっています.

今回はこれらの補償内容の中から,携行品傷害補償を利用させていただきました.

JCBプラチナカードの場合,1点につき100万円まで補償していただけます.

必要な書類たち

JCBの保険担当窓口へ損害の旨を伝えると手続きを開始してくれます.

携行品損害の補償を受けるために必要な書類は下記になります.

– 保険金請求書(JCBからの記入書類)
– Eチケットのコピーもしくは搭乗券版権,日本出入国がわかる書類
– 損害品購入時の領収書,保証書 (なければ購入日,購入店舗,購入金額を記入)
– 第三者による事故証明書(警察,航空会社,旅行添乗員,同行者など)
– 修理可能な場合 – 修理見積もり or 修理代金領収書
– 修理不可な場合 – 修理不可の証明書
– 損害が確認できる写真

ここで重要となってくるのが,第三者による事故証明書です.

私は航空会社から事故証明書を発行していただきました.

スーツケースの破損など,空港会社責任の損害はその航空会社に証明書を発行してもらいましょう.

申請後2-3週間で手続き完了

上記の書類を送付後,約3週間後に修理金額から自己負担額の3000円を引いた金額が振込まれました.

その間,特に電話などでの問い合わせはありませんでした.

また,送付した書類は全て返却されませんでしたので,必要に応じてコピーをとっておくといいですね.



まとめ

– JCBプラチナカードの海外旅行傷害保険は
 携行品1点につき100万円まで補償してもらえる
– 保険を利用するためにはいくつか書類が必要
– 事故証明書の発行が必要なため,
 スーツケース破損の場合は空港で航空会社に発行してもらう
– 保険適用には3000円の自己負担が必要

以上,ここまで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました