JCBカード 海外旅行傷害保険でスーツケースを修理した話 | 修理に必要な書類など

JCB_keikouhin
スポンサーリンク

JCBカードの海外旅行傷害保険でスーツケースを修理したいんだけど,どうやんの?

先日今年の海外出張の際にスーツケースを破損したお話をした.

その修理費用はJCBカード の「海外旅行傷害保険」にて補償していただいたので,その話をしたいと思う.

・JCBカード海外旅行傷害保険に必要な書類
・海外旅行傷害保険の手続き期間

これらについて気になる方に読んでほしい.



JCB 海外旅行傷害保険は心強い

JCBカードは所有をしているだけで海外旅行傷害保険が自動付帯される.めんどくさい手続きとかないのでとてもおすすめなカードだ.

同じような特権を得られるクレジットカードは他にもあるけど,現在僕が所有しているJCBプラチナカードは十分すぎる補償内容になっている.

保険の種類 保険金額
賠償 1億円
治療 1000万円
携行損害 100万円/旅行

他にも色々あるけど,ざっくり言うととても手厚い補償内容になっている.

今回はこの補償の中から,携行品傷害補償を利用させていただいた.ちなみにJCBプラチナカードの場合,1旅行につき100万円まで補償してもらえる.前までは1点についき100万円だったはずだけど..

必要な書類たち

電話にてJCBの保険担当窓口へ損害の旨を伝えると手続きをしてもらえる.

携行品損害の補償を受けるために必要な書類は下記.

– 保険金請求書(JCBからの記入書類)
– Eチケットのコピーもしくは搭乗券版権,日本出入国がわかる書類
– 損害品購入時の領収書,保証書 (なければ購入日,購入店舗,購入金額を記入)
– 第三者による事故証明書(警察,航空会社,旅行添乗員,同行者など)
– 修理可能な場合 – 修理見積もり or 修理代金領収書
– 修理不可な場合 – 修理不可の証明書
– 損害が確認できる写真

ここで重要となってくるのが,第三者による事故証明書.僕は航空会社から事故証明書を発行してもらった.

スーツケースの破損など,空港会社責任の損害はその航空会社に証明書を発行してもらおう.かならず空港にいるうちにその場で発行してもらおう.後日電話だったりe-mailだったりそういうのはめんどくさいし基本受け付けてくれないはず.なので破損したスーツケースを持ってもう一度空港へ行かなければいけなくなる.

申請後2-3週間で手続き完了

上記の書類を送付後,約3週間後に修理金額から自己負担額の3000円を引いた金額が振込まれた.

その間,特に電話などでの問い合わせはなし.

また,送付した書類は全て返却されないので,必要に応じてコピーをとっておこう.



まとめ

– JCBプラチナカードの海外旅行傷害保険は携行品1点につき100万円まで補償してもらえる
– 保険を利用するためにはいくつか書類が必要
– 事故証明書の発行が必要なため,スーツケース破損の場合は空港で航空会社に発行してもらう
– 保険適用には3000円の自己負担が必要

以上,ここまで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました