【図解】台風と温暖化の関係|巨大化する台風

thyphoon

最近の台風ってなんだか巨大じゃない?

地球温暖化って台風の巨大化に影響あるんだっけ?

今日はそんな疑問を解決したい.

今日の内容.

今日の内容

台風と地球温暖化の関係
台風のメカニズム
将来の台風の傾向
台風の被害を極力小さくする方法



台風と地球温暖化は関係あり


出典: NASA

台風と地球温暖化は関係していると言われている.

地球温暖化の主な原因と言われている二酸化炭素の増加は,台風の巨大化を助長する.

一方,地球温暖化によって台風の発生頻度は減ると言われている.

これらは台風のできるしくみを知れば納得できるはず.

そのしくみとは?

台風をつくる要因5つ

台風の要因は主に5つと言われている.

typhoon_main

5つの要因

1: 26℃以上の海面温度
2: コリオリ力と下層部での低気圧性の風
3: 対流層中央部の湿った空気の存在
4: 不安定な対流流れ
5: 横方向からの均一な風

一つ注意してほしいのは,台風のメカニズムはまだ完全に解明されていないということ.

だから,経験,実験,計算に基づく根拠ではあるものの「これが主要因だ」と断定できるものはない.

その時々の条件によって主要因は変化してくる.

台風のできるメカニズム

台風の発生するメカニズムを簡単にみていこう.

台風は赤道から北緯10〜20度付近の熱帯収束帯と呼ばれるエリアで発生する.

ここは北東貿易風と南西季節風のぶつかり合うエリアだ.

typhoon_mechanism

ここでは太陽によって熱せられた海からの水蒸気が達成する.そして積乱雲がたくさん生成される.

typhoon_mechanism01

その積乱雲は,たくさん集まるとクラウドクラスターと呼ばれる集合体となる.

typhoon_mechanism02

そして積乱雲はコリオリ力によって北半球であれば反時計回りに回転させられる.

typhoon_mechanism03

こうして台風は生まれていく.

ポイントは,台風の原材料は水蒸気でそれは台風の燃料ということ.

この水蒸気は地球温暖化で台風が巨大化するキーワードとなる.

地球温暖化で台風が巨大化するメカニズム

次に,地球温暖化で台風が巨大化するメカニズムを一緒にみていこう.

さきほど台風の原材料は水蒸気と説明した.

水蒸気は海水が暖められて生まれる.

つまり,水分と一緒に熱エネルギーを持っている.

typhoon_energy

その水蒸気は空気より軽いのでより上空へ移動する.

上空は気温が低いので,水蒸気はそこで冷やされ再び水となる.

そのとき,水蒸気に含まれている熱エネルギーも大気中に放出されウォームコアと呼ばれる暖かい空気の塊ができる.

typhoon_mechanism04

ここでもポイントとなるのは水蒸気だ.

水蒸気は海水面の温度が高いほど多くなる.

つまり,それだけ台風の燃料が増える.

そのため台風は巨大化していくのだ.

もう少し深掘りしてみよう.

水蒸気によって運ばれた熱エネルギーは上空で大気中に放出され,暖かい空気の塊をつくる.

その塊の気圧は空気が暖かいところから冷たいところへ移動することで低下する.

typhoon_mechanism05

この図は暖かいところから冷たいところへ空気が移動するしくみを示している.

ある高度Aから上の部分の気圧は,暖かいところの方が高くなる.

そのため,暖かいところから冷たいところへ空気が移動し,暖かいところの気圧は低下する.

上空の気圧が下がると海面から上空に向かう風が生まれ,それに乗ってさらに水蒸気が送り込まれる.

typhoon_mechanism06

より多くの水蒸気が運ばれればそれだけ上空に運ばれる熱エネルギーも増える.

そして上空はより暖められ,上空に向かう水蒸気もより増える.

typhoon_flowchart

このようなフローのため温暖化により台風は巨大化しやすい.

ポイントは,温暖化によって水蒸気が増え,水と熱エネルギーの移動量も増えるところだ.

地球温暖化で台風の数が減るメカニズム

意外かもしれないけれど,地球温暖化で台風の数は減ると言われている.

そのメカニズムを見ていこう.

先ほども話をしたけれど,水蒸気は上空へ移動し,そこで冷やされて水となる.

そのときに,熱エネルギーも一緒に放出され,上空に暖かい空気の塊ができる.

typhoon_mechanism04

このときの周りの空気の温度を考えてみよう.

もし周りの空気の温度が,その暖かい空気の塊の温度と差がなければ,空気は移動しづらいので上空は低気圧になりづらい.

typhoon_mechanism06

こうなれば,上空は温められるが下からの上昇気流は発生しづらくなる.

なぜ周囲との温度差は生まれづらくなるのか?

本来,水蒸気から放出された熱エネルギーは宇宙へ向かう.

typhoon_mechanism07

だけれど,地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素はその熱エネルギーを吸収する.

typhoon_mechanism08

つまり,熱エネルギーを閉じ込めて周りの空気を暖めてしまう.

それによって,気温差が生まれづらく,大気は安定する.

ポイントは二酸化炭素によって熱エネルギーが保存されるところだ.

2018年と過去の海水面温の比較

台風を巨大化する一つの要因と考えられている海水面温度を確認してみよう.

9月における太平洋の海水面温度を2018年と過去とで比較した.

1988年


出典: 気象庁

1998年

2008年

2018年

この比較の通り,2018年は30°Cを示す紫色のエリアが過去最大となっている.

つまり,高い海水温によって積乱雲が発生しやすくなっている.

海水面温度が上昇したからといって必ず台風が増えたり巨大化したりするわけではないけれど,そうなりやすい環境にあることはわかる.

つまり,史上最大級の台風が発生するリスクはどんどん高くなっているということだ.

21世紀末における台風予測

将来の台風予測について様々な研究が行われている.

少し前のデータになるが,気象庁の発表する「異常気象レポート 2005 概要版」にも簡単にその予測が掲載されている.

typhoon_number

この最新の予測実験では、21 世紀末頃の世界全体の熱帯低気圧の発生数は、現在と比べて、30% 程度減少するとの結果が得られている。また、21 世紀末頃の熱帯低気圧の強度(最大風速)や熱帯低気圧にともなう降水は、現在と比べて、増加する傾向があると予測されている。

出典:異常気象レポート 2005 概要版

発生頻度は減るものの,一度発生した台風は巨大化しやすいことが示されている.

僕の懸念は,台風頻度が減ることでその意識が薄まり,いざ巨大な台風が発生したときの被害拡大だ.

日頃から少しでも被害を小さくするような対策をしておきたい.

台風の被害を小さくする方法

台風の直接的な被害を最小限に止めるにはハザードマップを利用して住む場所を選ぶのが最善と考えている.

僕自身,今住んでいるところは台風などによる洪水被害のリスクがとても低い場所を選んだ.

駅から少し遠かったり,少しだけ不便なところはあるけれど,いざというときのリスクには代えられない.

引っ越し前にハザードマップを確認しよう

ハザードマップは各自治体のホームページで簡単に確認することができる.

例えば東京都のハザードマップはこのページから確認可能だ.

東京都建設局_洪水ハザードマップ

東京都建設局_土砂災害ハザードマップ

もし近々引っ越しを検討されていれば,ぜひ参考にしてみてほしい.

少しでもリスクを下げて安心して暮らそう.



まとめ

台風と温暖化の関係を簡単に見てきた.

まとめてみよう.

地球温暖化で台風は巨大化する
地球温暖化で台風の発生数は減る
台風被害を避けるためにハザードマップを利用しよう

地球温暖化がトリガーとなり台風も巨大化することがわかった.

少しでもその傾向を抑えるために,エネルギーの利用を低く抑える生活を心がけたい.

二酸化炭素と地球温暖化の関係が気になる方はこちらも読んでほしい.

参考図書


図解・台風の科学 (ブルーバックス) 


図解・気象学入門―原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図 (ブルーバックス)


一般気象学 第2版補訂版

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました