あなたはなぜモノを捨てられないのか?【捨てられない理由がわかれば簡単】

mono-suteru-kotsu

モノを捨てたい,手放したいんだけど,なかなか上手に捨てられないことはないだろうか?

不要なモノをすべて捨ててすっきりしたいんだけどなかなか実現できず「このままでいいか」と諦めてしまうことは,ミニマリストでなくても一度は経験する.

今日は「なぜモノが捨てられないのか?」というあなたの疑問を解消していく.

この記事を読んで頂いたあとにはきっとあなたは断捨離上手になっているはずだ.



結論:モノを捨てられない理由がわかれば捨てられる

結論から言うと,モノを捨てられない理由を知ることができればモノは簡単に捨てられる.

いざモノを捨てようとするとモヤモヤした気持ちになってゴミ箱へ入れる寸前に「やっぱとっておこう」となってしまう人は多い.

あなたもそんな一人じゃないだろうか?

モノを捨てる理由をちゃんと理解できれば,簡単にモノは捨てることができる.

では,どのような理由であなたはモノが捨てられないのだろうか?

一つ一つ確認していこう.

モノが捨てられない理由

モノが捨てられない理由はモノによって異なってくる.

全てのモノに同じ理由が当てはまるわけではないので,一つ一つ「これはこういった理由で捨てがたい」というのを明確にしていくことがポイントだ.

モノが捨てられない代表的な理由を確認していこう.

もったいない

もっともポピュラーな理由はこの「もったいない」だろう.

「まだ使えるし,捨てるのはもったいない」という思考はみんながもっている.

しかし考えてみてほしい.

そのもったいないと思っているモノは,遅かれ早かれゴミになる.

つまり最終的に行き着く先は同じなのだ.

もしここで納得してもらえたら,思い切って捨ててみよう.

手放すことは自由を手に入れることなのだ.

いつか使うかもしれない

「今は使う予定ないけれど,いつか使うかもしれない」と思ってずっと押し入れの中で眠らせているモノはないだろうか?

そういうモノは今後も使われることがない.

例えば

「今年は着ようと思っていたけれど着れなかった洋服,来年には着よう」

そう思っていてもだいたい着ない.

そういうときは一旦手放そう.そして来年必要であればまた買えばいい.

捨てることは手に入れる楽しみをつくるきっかけになるのだ.

購入時高かったから損したくない

高かったけれど頑張って購入したアレコレはきっと誰しも一つや二つもっているはずだ.

高かった買い物ほど買ったことに満足してしまい,その後あまり使わなくなることは多い.

あなたの身の回りにもないだろうか?

購入金額がいくらであれ使っていない時点で不要認定だ.

そういったものは思い切って売却しよう.

購入金額が高く,あまり使われていなくて綺麗であればそこそこの価格で引き取ってくれるはずだ.

いつまでも押し入れの中で眠らせておけば,時間の経過とともに市場価格も下がっていくだろう.

売却するなら早い方がお得だ.

「買ったけどイマイチ,でも高かったからな..」

そう思ったときが売り時だ.

時間が経てばたつほど損失は膨れ上がっていく.

早いタイミングで損切りしよう.

思い入れが強い

昔の恋人,友人,両親などからもらったプレゼントや手紙.

そういった思い入れの強いモノはとても捨てづらい.

そういった思い入れの強いモノを無理に捨ててしまうと「なんで捨てちゃったんだろう」と後悔することもある.

思い入れの強いモノは思い出ボックスのような箱を1つ準備してそこに集めておくといい.

そうすれば,思い入れがあるモノの中でも定期的に取り出したり読み返したりするモノとそうでないモノがハッキリとするはずだ.

モノはいつだって捨てることができる.

あなたの納得するまで思い出にひたり,心の中に仕舞い込むことができたら捨てよう.

形あるモノはいずれなくなるが,あなたの思い出はあなたが生きている限りずっと残る.

もったいない,いつか使うかも,購入時高かったモノはジモティーで他人に譲ろう

「もったいない,いつか使うかもしれない」そうおもうモノほど売却しても値段がつかないことがよくある.

「そうそう,売っても値段がつかないから,それなら持っていようと思って」と思ったりしないだろうか?

そういうときはジモティーがオススメだ.

これは,あなたの持っているものを「欲しい」と言ってくれる人が無料で引き取ってくれるサービスだ.

もちろん金額をつけて販売することも可能だ.

「もったいない」と思ってなかなか捨てられないものも,引き取って使ってくれる人がいてくれるだけで簡単に手放すことができる.

僕も不要になった服や家具などはすべてジモティーで引き取ってもらっている.

高価で買い取ってくれそうなモノはネットオフでまとめて売却しよう

もしあなたが「これ,売れるかも」と少しでも思うならネット買取サービスを利用してみよう.

本やCDなどが溜まっている場合はネットオフがオススメだ.

申込をするだけで段ボールを送ってもらえ,そこに売りたい商品を詰めて送り返せば査定後に入金されるシンプルなサービスだ.

あなたがもっていてもあまり役に立たないモノが,誰かの役にたつのって素敵だと思いませんか?

世の中にはあなたが思っている以上にあなたの持っているモノを必要としている人がたくさんいる.



手放せない理由を理解して手放そう

今日は「あなたがなぜモノを手放せないのか」という疑問に注目した.

そして,その結論は「手放せない理由がはっきりしないから」ということがわかった.

おさらいすると手放せない理由には4つある.

– もったいない
– まだ使える
– 購入時高かった
– 思い入れがある

もしかしたらあなた独自の理由があるかもしれない.

そのときは捨てられない理由リストに理由を付け加えてほしい.

こうして理由がハッキリとすればあなた自身を納得させることができるだろう.

それでもまだ「もったいない」という気持ちが残っていればジモティーネットオフで必要としている人に譲ればいい.

また,思い入れのあるものはボックスに入れて保管してみよう.いずれモノよりも思い出の方が大切になる日がくるはずだ.

以上,最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント