ミニマリストの本質とは?|知らないと損するミニマリスト思考

minimalist-honshitsu
スポンサーリンク

ミニマリストってつまり何なのさ?

ミニマリストと言う人,そう言われる人は世の中にたくさんいる.

そんなミニマリストにはこちらの記事でも紹介しているようにいくつかの種類がある(と僕は思う).

しかし,どのミニマリストにも共通する部分,つまり本質は必ずあるはず.

そこで今日は,ゆるいミニマリストの僕が考える「ミニマリストの本質」について話したい.

ミニマリストの本質を知りたい!

と言う人はぜひ読んでほしい.



スポンサーリンク

ミニマリストの本質はコトをミニマイズすること

ミニマリストの本質はコトをミニマイズすること,そしてそれを具現化できる人をミニマリストと呼ぶ.

一般的にミニマリストと言えば

とにかくモノを捨てる人,持たない人

という印象かもしれない.

しかしモノの数は結果であって追うものではない.

もちろんミニマリストというからには必要最小限のモノで暮らしている人がほとんどだと思う.

だけれどそのモノの数は暮らしを快適にした結果なのだ.

つまり「モノの数を減らしたら生活が快適になった」のではなくて「快適な生活を目指したらモノの数が減った」という順番が正しい.僕はそう考えている.

これは鶏が先か、卵が先か?というようなチキンエッグのような話ではなくて,順番はちゃんとある.

快適な生活を目指すとモノの数は減るけれど,モノの数を減らしても生活は快適にはならない.

なぜ快適な生活を目指すとモノの数は減るのだろうか?

ミニマリストの本質はモノよりコトを捨てる

快適な生活を目指すミニマリストはモノよりコトを捨てる.

その理由はこちら.

・コトを捨てるとモノも捨てられる
・モノを減らしすぎるとコトが増える
・本当に必要なコトに集中できる
・人生の難易度を少し下げられる
・悩みや迷いがなくなる
・思考停止しなくなる
・幸福度が上がる

1つずつ説明していく.

コトを捨てるとモノも捨てられる

コトを捨てるとモノを捨てられる.

なぜならモノはコトのための手段だから.モノとコトはリンクしている.

例えばスマホの買い替え.

大体の人は新しいスマホを購入したら古いスマホは下取り,もしくは処分するはず.

なぜなら,古いスマホを使うことは無いから.

つまり,新しいスマホを購入した時点で,古いスマホを使うことをやめ,それを捨てた.

「当たり前じゃん」と思うかもしれないけれど,この考えはとても大切.

モノが捨てられない人の特徴は「また使うかも」と考えるところ.

なので「これを使うコトをやめます」と,モノではなくコトに注目して手放すことで上手にモノを捨てることができる.

上手にモノを減らす方法は,次の2つの質問を自分にしてどちらもイエスなら思い切って捨てよう.

・次に使うタイミングが分からない
・手放したあと必要になったら,また購入やレンタルできる

コトを捨てればモノはあっさり捨てられる.

モノを減らしすぎると余計なコトが増える

何も考えずモノを捨ててしまうと余計なコトが増える.

なぜなら,先ほども話したけどモノとコトはリンクしているから.

今の時代,便利で生活必需品と言われているモノは多い.

モノの数にこだわってそういった便利なモノまで捨ててしまうと生活はかえって不便になる.

例えば,冷蔵庫.

「あれ?一人暮らしってコンビニあれば冷蔵庫いらなくね?」

そんな風に冷蔵庫を手放すミニマリストもいるとかいないとか.

冷蔵庫を手放しても,飲食は手放せない.にんげんだもの.みつw(ry

created by Rinker
文化出版局
¥1,760 (2021/09/25 20:58:10時点 Amazon調べ-詳細)

冷蔵庫がないと,お腹が空いたり喉が乾いたらその都度コンビニへ行かなければいけない.

「私は家から1分のところにコンビニあるから大丈夫」

という人でも買い物の時間を含めれば10分はかかる.

毎日10分コンビニを利用すれば,1年間で60.83時間.

つまり1年のうち2.5日をコンビニで過ごしている.

きっと多くの人は,2.5日間をコンビニで過ごすより冷蔵庫からサクっとビールを取り出してプシュッと開けてAmazon prime videoを観ながらダラダラ過ごした方が幸せだと思う.

勢いでモノを捨ててしまうと余計なコトが増えてしまうので気を付けよう.

余計なコトを捨てると本当に必要なコトに集中できる

余計なコトを捨てると本当に必要なコトに集中できる.

なぜならお金と時間を本当に必要なコトに集中投下できるから.

どんなことでもそれを行うときにはお金と時間のコストがかかる.

コトを減らせば減らすほどそのコストを減らせる.

時間とお金を節約できるのだ.

そうすれば,限りある時間とお金をあなたの本当に好きなこと,やりたいことに使うことができる.

例えば,

・自分の時間を大事にしたいから,他人との時間をミニマイズする
・本が好きだから,本以外の出費をミニマイズする

次から次に新しい情報が飛び込んでくる世の中で,時間とお金を上手に使って自己実現をするための手段がミニマリズムだ.

ミニマリストは本当に必要なことに集中するために,余計なコトはとことん捨てる.

人生の難易度を少し下げられる

余計なコトを捨てると人生の難易度を少し下げられる.

なぜならあなたの価値観を軸に生きていけるようになるから.

現代は正解のない無限の価値観が存在している.

それにいちいち振り回されていたら,時間とお金がいくらあっても足りない.

「今年はこれが流行るんだ,買わなきゃ」

無防備でいるとそうやって周りの価値観に振り回される.

「トレンドを追うのが大好き,とにかく追いかけたい!」

という感じに自分の価値観をちゃんと知っていて,それを自分のコントロールできる範囲で楽しめれていれば,それはいいと思う.

しかし「不安だから周りと同じがいい」という人も多いはず.

もしそうなら,周りの価値観に合わせるのをやめて,あなた自身の価値観を軸にしてみよう.

例えば,日本には入ってきていない海外の優れた製品を探して自分だけ使ってみる.

そうするためには,あなた自身でリサーチして,あなたの価値観で「これはいいぞ」と思うものを見つけなければいけない.

そうやって新しいものをあなたの価値観で見つけるクセをつけることで,周りの価値観に振り回されなくなる.

周りの価値観に振り回されなくなると,あたなだけの価値観だけで選択できるので,人生の難易度は少し下げられる.

悩みや迷いがなくなる

余計なコトを捨てると悩みや迷いがなくなる.

なぜなら,悩んだり迷ったりする要因が減るから.

悩んだり迷ったりするのは選択肢が多いから.

例えばテレビを見ようとしたとき

「どの番組を見ようかな」

と,チャンネルをコロコロと変えて番組を選ぶ.

つまりどの番組を見るか悩んでいる.

テレビを見ることをやめれば,そうやって悩むこともなくなる.

誤解しないでほしいのは,僕はテレビを捨てろとは言っていない.僕はテレビを持っていないので例として挙げた.多くの人はテレビは必需品と感じていると思う.

余計なコトを減らせば減らすほど,悩みや迷いを減らすことができる.

思考停止しなくなる

余計なコトを捨てると思考停止しなくなる.

なぜなら,余計なコトはなんだろう?と常に考えるクセがつくから.

時間とお金は限られている.余計なコトにそれらを使う暇は持ちたくない.

だから常に余計なコトを避けるように考えるようになる.

例えば,新型の製品をゲットするために,わざわざ発売日の早朝から長蛇の行列に並んだりしない.

少し考えれば,1ヶ月もすれば並ばなくてもすぐに買えるようになることに気づくから.

何も考えず「とにかくすぐに欲しい!」と欲望の赴くまま行動すれば時間とお金を無駄にする.

余計なコトを捨てるとちゃんと考えるようになる.思考停止しなくなる.

幸福度が上がる

余計なコトを捨てると幸福度が上がる.

なぜなら,迷いが減って時間とお金を本当に大切なものに使えるようになるから.

あたな自身の価値観を大切にしよう.

「私はこれがいい」

余計なコトは削ぎ落として,そう言えることを見つけよう.

実例|テレビを観ることを止めた生活

僕は一人暮らしをして10年くらいたつけれど,1度もテレビを持ったことがない.

つまりテレビを観るコトをやめている(…あってもたぶん観ないけど).

テレビを観るコトをやめるといいことが沢山ある.

・テレビを買う,買い換える必要がない
・テレビを置く場所を考える必要がない
・テレビを観る時間を好きなことに使える

つまり時間とお金をより大切なことに使える.

ミニマリストを目指すきっかけにテレビの必要性を見直してみるのはオススメだ.

テレビを見る以上に大切なことがあなたにもきっとあるはず.



おわりに|ミニマリストの本質とは?

今日紹介したミニマリストの考え方「ミニマリストの本質はコトのミニマイズ」は流行り?のエッセンシャル思考に通じるものがある.

今の自分にとって必要なコトは何だろう?と考えてみると上手にモノも捨てられるはず.

毎日当たり前のようにしているコトに「これって本当に必要だっけ?」と問いかけて欲しい.

そうやって少しずつ問いかけていけば,本当に大切なことを見つけられるはず.

以上,最後まで読んでいただきありがとうございます!

参考文献

created by Rinker
¥1,500 (2021/09/25 20:58:11時点 Amazon調べ-詳細)


created by Rinker
海竜社
¥960 (2021/09/25 04:56:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました