地元に残る?それとも地元を離れる?地元に残る,地元から離れる3つの理由

remain-local
スポンサーリンク
そろそろ進路を決めなければいけないんだけど,地元に残るべきか地元から離れるべきか悩んでる.どっちがいいのさ?

人生のあるタイミングでは住み慣れた地元に残るか,全く新しいところへ引っ越すか,そんな決断を迫られるときがある.

その理由は人それぞれだけど,人生を大きく左右するような決断だから慎重になる人も多い.

慎重になればなるほど,悩みはより深くなるばかりで答えはなかなか出ない.

今日は,地元に残るか離れるかで悩んでいる人に,僕なりの考えを紹介したい.

ちなみに僕は地元を離れて10年以上経つけれど,今は新しい土地で楽しく暮らしている.

今日の内容

・地元に残った方がいい人
・地元を離れた方がいい人
・地元に残るべき理由
・地元を離れるべき理由



スポンサーリンク

地元に残った方がいい人,地元を離れた方がいい人

僕の考える地元に残った方がいい人,地元を離れた方がいい人はこちら.

とてもシンプルだ.

・やりたいことがなければ地元に残ろう
・やりたいことがあれば地元を離れよう

あなたが地元に残った方がいい理由

もし特にやりたいことがなければ地元に残ろう.

理由は3つ.

・お金が貯まる
・家族や友人が近くにいる
・生活のストレスが少ない

お金が貯まる

地元に残ればお金は貯まる.

これは実家に住む前提だが,そうであればお金は絶対に貯まる.

お金は貯められるときに貯めておいた方がいい.

なぜなら,やりたいことができたとき,すぐ行動できるから.

「やりたいことあるんだけど,お金ないんだよね..」

というのはせっかくの人生を台無しにしてしまう.

資本主義の中ではお金は否が応でも必要だ.

貯金だけでなく,株式など資産として運用することで貯金よりもより良い条件でお金を貯めることができるだろう.

またお金を貯めることで精神的にも余裕を持つことができる.

例えば,社会が不景気になって勤めている会社が倒産してしまっても,貯金があればしばらくは食いっぱぐれることはない.

やりたいことができたときのために,地元でお金を貯めておこう.

家族や友人が近くにいる

地元は家族や友人が近くにいる.

これは地元に残るとても大きなアドバンテージだ.

なぜなら,家族や友人は精神的に大きな支えとなってくれるから.

地元に住んでいると家族や友人がいてくれるのが当たり前の環境のはず.

その環境はあなたの人生にプラスでしかない.

普段は何も感じなくても,仕事やプライベートで落ち込むようなことがあったとき,精神的にとても大きな支えとなってくれるはずだ.

もちろん,諸々の理由で家族や友人と距離を置きたいと思っている人もいるかもしれない.

そういった場合は,いったん地元を離れた方が精神的な負担を減らせる.

なぜなら,いったん距離と時間をおくことで,感情の整理をして家族や友人との付き合い方を見直すことができるから.

また,新しい土地で親友と呼べる友人をつくるのはとても大変だ.

なぜなら,他人と信頼を構築するのにはとても多くの時間がかかるから.

特に大人になってから親友と呼べる友人を作るのはとても難しい.

子供の頃は学校などで毎日顔を合わせ遊ぶことで信頼を構築することができた.

しかし大人になると1日の多くを仕事に割かれ,友人と遊ぶ時間を確保するのが難しい.

信頼は一緒に過ごした時間に比例する.

なので,大人になってから親友をつくることはとても難しい.

特別やりたいことがなければ,地元に残り家族や友人と楽しい時間をできるだけ多く共有しよう.

生活のストレスが少ない

地元での生活はストレスが少ない.

なぜならずっと住み慣れているから.

新しい場所で新しい生活を一人で始めるのは割とストレスが多い.そして実際に住んでみないと,その環境が快適かどうかなんて全然わからない.

地元に残る生活はそういったリスクが全くない.

もちろん,そもそも地元での生活にストレスを感じている場合にはその環境を変えるために地元を離れるのは正解だと思う.

もしそういった理由がなければ,地元の方がストレスなく暮らせるはず.

ただでさえストレスを感じる機会が多い社会だ.なのでストレスの多い環境にわざわざ変える必要はない.

また,今どきおおよそ必要なものは通販で手に入れることができるし,必要な情報もググればある程度は手に入れることができる.

なので,そういった意味でも不自由なく地元にいてもストレスなく生活できるはずだ.

あなたが地元を離れた方がいい理由

もしやりたいことがあれば地元を離れよう.

理由は3つ.

地元を離れるのは目的ではなく手段
そこでしかできない学びや経験を得られる
いざとなれば地元に帰ればいい

地元を離れるのは目的ではなく手段

地元を離れることは目的ではなく手段.

もしあなたがやりたいことがその地元ではできない場合には,それを実現するために地元を離れよう.

もちろん,地元が嫌いだから地元を離れる,という場合もあるだろう.しかしその場合でも,ストレスを減らすために地元を離れることになる.つまりこの場合でも地元を離れることはそのストレスを減らすための手段となる.

地元に残るべきか,それとも離れるべきか?そう悩むときは,それ自体が目的になりがちだ.

ここで悩むべきポイントは,地元を離れないとあなたのやりたいことを実現できないかどうか?

そしてそこから導き出される答えは,地元でもやりたいことができるかどうか.

地元に残っていてもやりたいことの勉強はできたりする.

なぜなら,今はオンラインである程度の知識を得ることが可能だから.

もちろん専門的な知識を大学や専門学校などで学ぶために地元を離れる場合もある.

しかし,少し調べてみれば地元に残りつつ好きなことの勉強もできることは多い.

例えば流行りのプログラミングや英語などの言語学習は,特別な学校に通わなくたって地元にいても独学で習得することが可能だ.

地元に残るか離れるか?を悩むときは,あなたのやりたいこと,実現したいことを明確にして,その実現は地元ではできないか?という基準で悩んでみよう.

そして,地元を離れなければできないことがあれば,思い切って地元を離れてみよう.

そこでしかできない学びや経験を得られる

地元を離れると,そこでしかできない学びや経験を得ることができる.

例えば進学や就職だ.

進学であれば,その学校でしか学べない知識があるし,就職であればそこでしか経験や実現できないことがあるだろう.

そして何より,人や環境との新しい出会いを得ることができる.

地元に残ると出会いはどうしても限定的になる.一方で地元を離れると,自分でも予想していなかったような出会いに巡り合うことができたりする.

ご縁で〜と言ったりするけれど,結局は確率の問題であって,その出会いの機会を増やすことですごいチャンスと巡り合えたりする.

新しい学びや経験,そして出会いを得たい人はぜひ地元を離れてみて欲しい.行動すればするほど自分でも考えていなかったチャンスを掴むことができるかもしれない.

いざとなれば地元に帰ればいい

地元を離れて失敗しても,地元に帰ればいい.

いろいろな意見があるかもしれないけど,少なくても僕はそう思う.

それは甘えでも負けでもなんでもなくて,ただ選択肢の一つとして他のカードと平等にテーブルの上にあるべきだ.

もちろん地元が嫌で地元を離れた人,どうしても地元に戻れない理由がある人もいるかもしれない.

もしそうでなければ,地元に戻るのはいつだって切ることのできるカードなのだ.

一度地元を離れたあとに地元に戻ると.これまで気づかなかった地元の魅力を発見し,地元が好きになる場合も多い.

なぜなら,地元から離れたことがないとそこでの生活が当たり前となり,良し悪しの判断ができないから.

地元は田舎だからコンビニまで遠くて嫌だな,,と思っていても,一度都会へ出たあとに戻ってみると,その静かで穏やかな環境がとても好きになったりする.

便利じゃなくても人は生活することができる.しかし便利に慣らされてしまうと,あたかもそれが無いと生活できないかのように錯覚してしまう.だけどそんな便利なものが存在する前から人は生活しているし,便利でなければそれなりの生活をすればいい.

地元に戻ると不便だけどそこでしか得られない経験を得ることができるはず.

まとめ|地元に残る?それとも地元を離れる?地元に残る,地元から離れる3つの理由

地元に残る,地元から離れる3つの理由を紹介した.

人によってその答えは違うはずだけど,あなたのやりたいことは地元でできるのか,できないのか?そんな基準で考えてもらえれば答えは自ずと出てくるはず.

もし戻りたくなれば戻ればいい.なぜなら一度地元を離れてみると違う視点で地元の魅力を発見できたりするから.

そして,その発見があらたな価値観を生み出してくれるかもしれない.

何事も経験してみなければわからないので,そういう意味でも地元を離れてみることはアリかもしれない.

以上,最後まで読んでいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました