一人暮らしのランニングコストは安く抑えよう

hitorigurashi-running-cost

一人暮らしに憧れるけど,実際に毎月かかるコストってどれくらい?

一人暮らしのランニングコストを安く抑える方法,知らない?

一人暮らしを10年以上している僕が一人暮らしに必要な毎月のコストとそれを安く抑える方法を紹介しますよ.

これから一人暮らしをしたい,しようと考えている.だけど必要なコストが気になってなかなか踏み出せない.

そんな方の参考にしていただければ幸いだ.



一人暮らしのランニングコストは最低10万円くらい

もしあなたが車を持っていない場合,一人暮らしのランニングコストは最低10万円くらいになる.

固定費:59,000円

・家賃: 50,000円(管理費込)
・インターネット: 4,000円
・スマホ: 4,000円
・サブスク: 1,000円

変動費:41,500円

・食費: 20,000円
・電気代: 3,000円
・ガス代: 5,000円
・水道代: 3,000円(2ヶ月で)
・日用品: 5,000円
・交際費: 10,000円

これは車を持っていない場合だ.

もし車を持っていれば,乗る距離にもよるけれどさらに15,000円前後の出費が必要となる.

・駐車場代: 5,000円
・ガソリン代: 10,000円

一人暮らしって10万円以上も必要なのね..高いね..

と思ったかもしれない.

なので一人暮らしのコストをできるだけ安く抑える方法を紹介する.

一人暮らしのランニングコストを下げる方法

一人暮らしのランニングコストをできるだけ下げる方法はこちら.

・家賃はとにかく交渉する
・インターネットは本当に必要なら契約しよう
・スマホは格安SIMにしよう
・サブスクは最小限を契約
・安いスーパーの近くに住もう
・電気はこまめに消そう
・ガスは都市ガスの部屋を選ぼう
・水道代はシャワーで節約
・日用品は無くなったら購入
・交際費は予算内で行動しよう
・車を毎日使わなければレンタカーにしよう

全てを当てはめることは難しいかもしれない.しかし毎月の出費をできるだけ安く抑えると,年単位で大きな影響が出るので参考にしてほしい.

家賃はとにかく交渉する

家賃は交渉して安くしてもらえる場合がある.

今,僕の住んでいる賃貸は交渉して1,000円ほど安くしてもらった.これだけで年間12,000円も節約できる.

コツはいろいろあるんだけど,こんな感じ.

・6月から9月ごろの閑散期に部屋を探す
・同じ物件でも2つ以上の不動産屋で確認(たまに条件が異なる)
・大家さんに会えれば直接会って交渉
・これだけ安くしてもらえれば,すぐ入居します!の言葉はわりと強い

ランニングコストの中でもっとも大きい家賃.この家賃をどれだけ安くできるかはとても大切なのでぜひ交渉してほしい.

賃貸は「安かろう,悪かろう」ではないので,ピンときたところはとりあえず内覧させてもらおう.

たくさん内覧すれば,それだけ目利きできるようになるので,すぐ引っ越さなくても内覧させてもらってあなただけのこだわりポイントを見つけよう.

インターネットは本当に必要なら契約しよう

たくさん動画を見る人や,常にパソコンを使用する人でなければインターネットは不要かもしれない.

なので,引越してすぐインターネットを契約するのではなく,始めのうちはスマホの通信容量を増やして足りるか足りないか,を確認してみるのがベスト.

もしそれで容量が足りなければインターネットを契約しよう.

僕のオススメはMEC光というサービス.

2年縛りがなく,スピードも早くて,そして安い.気に入らなければいつでも解約できる.

僕はそんな手軽さを気に入ってずっと使っている.

スマホは格安SIMにしよう

もしあなたがまだ格安SIMを使っていなかったら格安SIMへ変更してみよう.

僕のオススメは楽天モバイル

月々2,980円で楽天回線エリアならデータ使いたい放題.

使えば使うほど使いたくなるね.

もちろん楽天回線エリア外でも5GB/月で高速通信できるし,5GBを使い切っても1Mbps(動画を見るには少し遅い)で利用できる.

もし楽天回線エリアに住むのならぜひインターネット不要で,スマホを使いたい放題になる.書いていて思うけど普通にすごいな.

サブスクは最小限を契約

もしあなたが音楽をたくさん聴くのならSpotify

もしあなたが映画をたくさん観るのならAmazon prime videoがオススメよ.

サブスクのいいところはいつでも退会できるところ.実際に使ってみて気に入らなければすぐ解約できる手軽さがありがたい.

一人暮らしを始めたばかりのころはテレビがない場合も多い.そんなときはサブスクが一番の友達となってくれる.

安いスーパーの近くに住もう

食費を抑えるには,できるだけ食費を抑えるのがポイントです.

ちょっと何言ってるのかわからない.

家を探すときに,できれば最寄りのスーパーにも寄って欲しい.

もしそこで売られている食材が他のスーパーより安ければ,そのスーパーを中心に物件探しをしてみよう.

家の近くに安いスーパーがあると本当に助かる.

・簡単に食費を節約できる
・スーパーに行くまでの移動時間,移動費用を節約できる
・安いスーパーは人気で商品の回転が早いから常に食材が新鮮

車を持っていなければ駅を中心に家を探すかもしれない.もしそうでも,食事は生活の基盤になるので,スーパーを中心にした家探しもしてほしい.

よいスーパーを探し出すことができれば,おいしいものを安く食べられるので生活の質がグッと上がる.

ちなみに僕は歩いて5分のところに地域最安値のスーパーがある.おかげで食費は毎月15,000円程度で済んでいる.

電気はこまめに消そう

一人暮らしでやってしまいがちな電気つけっぱなし.

ほら,見てごらん.誰もいないのに部屋が明るいよ.

なんでだろうね?不思議だね?

ただの消し忘れです.

月々の電気代は3,000円くらいだから,少々つけっぱなしでもさほど大きな影響はない.

だけど,一人暮らしのときにこまめに消すクセをつけると,将来大きな家に引越したときにとても節約できる.

長い目でみると大きな効果を発揮するので,ぜひクセにしてほしい.

ガスは都市ガスの部屋を選ぼう

光熱費のなかで一番大きな出費なのがガス代.

そしてプロパンガスと都市ガスでは本当に大きな差がある.

使えばつかうほどその差は大きくなる.

おおよそ都市ガスの方が3割程度安いので,もし可能なら都市ガスを選ぼう.

ただすでに物件の条件に含まれてしまっているので,部屋探しのときの基準にしてみるのがベストだ.

もしあなたがお風呂大好きで,毎日湯船に浸かりたい人だったら都市ガスを圧倒的にオススメする.

シャワーでOK,お風呂はたまに入るくらい.という人はプロパンでも問題ない.

水道代はシャワーで節約

光熱費の中で比較的安いのが水道代.

これは2ヶ月に1度の集金なところがほとんどだと思う.

そうは言っても使いすぎには注意,毎日お風呂に入るとわりと高くつく.

水道代はシャワーにすることで節約しよう.

日用品は無くなったら購入

日用品の買い溜めは極力なくそう.

無くなったら買う.

このスタイルで十分だ.

例えば,アマゾンをあなたの倉庫と見立てる.あなたの家の在庫がなくなりそうなときに注文をすれば,ちょうどなくなるタイミングで在庫を補充することができる.

必要なものを必要なときに必要なだけ.

日用品はJust in timeな考え方で消費していこう.

交際費は予算内で行動しよう

変動費の中でもっとも変動の大きいのは交際費だ.

友達に誘われたらついつい出かけてしまい出費が増える.

友達との楽しい思い出,プライスレス.財布の中はつらいです.

交際費を管理する方法は,1ヶ月以上先の週末の予定を決めておくこと.

そしてその予定はすべて予算内でこなせるように計画すること.

そうすれば,頂いた給料の中から計画的に友達と遊ぶことができる.

予定があれば「ごめんね,その日は予定あるんだ」と気分的にも断りやすい.

友達との付き合いも大事だけど,お金との付き合いも大切ですよ.

車を毎日使わなければレンタカーにしよう

もしあなたが毎日車を利用しなければ思い切ってレンタカーを利用するのもいいかもしれない.

車はいろいろな費用が必要だ.

・駐車場代
・ガソリン代
・メンテナンス代
・保険
・車検

これら全て合わせればそれだけで月々20,000円以上の出費となる.

もちろん生活に必須な人もいるので一概にはいえないけれど,手放しても生活に支障がなさそうであれば,思い切って手放してみるのもありかもしれない.



まとめ|一人暮らしのランニングを安く抑える方法

僕なりの一人ぐらしのランニングコストを安く抑える方法を紹介した.

ポイントはこちら.

・家賃はとにかく交渉する
・インターネットは本当に必要なら契約しよう
・スマホは格安SIMにしよう
・サブスクは最小限を契約
・安いスーパーの近くに住もう
・電気はこまめに消そう
・ガスは都市ガスの部屋を選ぼう
・水道代はシャワーで節約
・日用品は無くなったら購入
・交際費は予算内で行動しよう
・車を毎日使わなければレンタカーにしよう

一人暮らしは憧れるけれど,やっぱり出費が痛いと感じるときもある.

特に実家を出たばかりのころは,金銭的な比較をしてしまうかもしれない.

だけれど,一人暮らしで得られる経験はあなたの人生に大きな影響をあたえるはずだ.

少しでも一人暮らしに興味をもってもらえたら,ぜひ部屋探しからでも初めてみてほしい.

物件を見ながら一人暮らしを想像するのって,とても楽しいですよ.

コメント

タイトルとURLをコピーしました