レジ袋有料化で見た日本的なサービス精神

shopping-bag_charge
スポンサーリンク
レジ袋有料ってどうよ?

2020年7月1日から全国でスタートしたレジ袋有料化.その制度に対する意見は賛否両論いろいろあると思う.僕は全然気にしていない,というかむしろ賛成だったんだけど,僕の周りは予想以上に反対意見が多くてビックリしている.

今日はレジ袋有料化に対する僕の意見を少し語りたいなと思う.SDGsとかそういう流行りの視点ではなく,文化的な視点で語ってみたい.

今日のテーマ.

・なぜレジ袋有料化へ反対するのか
スポンサーリンク

日本ではサービス=無料は当たり前?

日本ではサービス=無料という方程式は部分的にはおおよそ成り立つと思う.そしてそれをよしとする文化が根付いていると思う.これを良いとか悪いとか言うつもりはなくて,あくまでそいういう文化が根付いていると思う,という個人的な意見ということに留意いただきたい.

例えば,レストランに入れば水は何杯でも無料で飲むことができるし,場合によっては緑茶だってどれだけ飲んでも無料だ.またコンビニでお弁当やカップラーメンを購入すれば無料で箸やお手拭きをもらうことができる.さらにコンビニで利用させてもらえるトイレでさえどれだけ利用させてもらっても無料だ.

これって不思議じゃないですか?だってお店側は水道代や箸の購入代金,トイレで使用する水やトイレットペーパーを無料で提供してくれている.一方,その出所はお店の経費で,その経費は無限にあるわけじゃない.さらにそのサービスに対してサービス料をもらえるわけでもない.

僕はこの仕組みが未だに理解できずにいる.本当にこれで良いんだっけ?と思っている.

たまにこの疑問を会社の同僚に話すと割と共感してもらえなくてさらに驚くことも多い.「それが日本だ,日本文化だ」と言われれば「ええ,そうですね」とそれ以上議論を深めることもなく,その場をやり過ごす.

僕のこの疑問の一つに「スーパーの袋をどれだけもらっても無料」ということがずっと含まれていた.だって不思議じゃないですか?

「ビニール袋,10枚くらい下さい」

とお願いしても無料でもらうことが出来ていたんですよ?確かにビニール袋は全然高くない,1枚1円くらいが相場だ.それでもお店にとってはチリツモ効果でお客さんが入れば入るほどビニール袋代の出費は多くなる.仮にそれがビニール袋ではなく紙袋だったらさらに出費はかさむ.

それはお店側にとっては経費を圧迫する主要因ではないにしろ,削減できれば削減したい経費の一つだったと思う.それでもサービスと割り切って必要経費として提供頂いていたのかもしれないし,その分商品代金に上乗せしていたかもしれないし,従業員の給与を少なくしていたかもしれない.それでも無いに越したことはない経費だったのでは?と思う.

サービス=無料という方程式は利用者側からすればありがたいかもしれないが,提供者側の気持ちも考えてみると,思うところがあるかもしれない.レジ袋有料化はその疑問に気づくきっかけになってくれればいいなと僕は思う.

日本人的なあわいの感覚がサービス=無料を良しとしている

いわずもがな,みなまで言わない,そういった空気を読むことを大切にしているのが日本の特徴かなと思う.つまりはっきりと言わなかったり,白黒つけずグレーな感覚を大事にしたり,そうやって臨機応変に対応できるのも日本の特徴かもしれない.これが良いとか悪いとかそういうことではなくて,そういう特徴が日本にはあるるよね,ということだ.

そして,その感覚は日本での生活の隅々まで浸透していると思う.あわいの感覚というやつ.人それぞれ個人差はあるにしろ,ある程度までなら許される,だけどあるボーダーを超えるとヤバいな,という感覚は日本人であれば無意識的にしろ意識的にしろ持っていると思う.

その良い例が自動車の法定速度だ.日本の道路の法定速度は明らかに遅すぎる.もちろんスクールゾーンなど気をつけて運転しなければならないところは30km/hでも危ない場所もあるけど,おおよその大きな道で法定速度は明らかに遅い.

「速度の二乗に比例して運動エネルギーは大きくなるから,速度は低いほうが安全だ」と言われれば確かにそうかもしれないけど,現代の自動車であれば安全のボーダーは(運転者が安全運転を行なっている限り)はるかに高い.

自動車大国のドイツを例にとってみたい.ドイツでは制限速度を1km/hでもオーバーすれば違反だ.移動式オービスはそこらじゅうに設置されているし,しかもめちゃくちゃ分かりづらい.でも,ちゃんと異議申し立て(例えば,タイアのインチアップをしたから,メーター読みより実速度が速かった,など)をして警察が納得すれば,その違反はなしにしてくれる.

一方日本では,制限速度+10km/h程度であれば,問題ない場合が多いと思う.これも不思議じゃないですか?きっと子供に「制限速度ってなんだっけ?なんで制限速度超えているのに捕まらないの?」と聞かれても子供が納得するように答えられる大人はいないと思う.いわゆる大人の都合(のいい解釈)というやつだ.

つまり,ある程度なら許されるよね,そういった感覚がある程度のサービスなら無料なのは当たり前だよね,という感覚を生んでいるのかな?と思う.

サービスにはお金がかかるという意識が大事

誰かに何かをお願いすることは,すなわち誰かが時間をあなたのために使ってくれている,ということだ.これはとても大切な感覚かなと思う.

あなたも経験ないですか?

仕事にて「これくらいチャチャっとやっといてよ」とお願いされたこと.

忙しいときにそれを言われると「いやいや,簡単に言うけどそんな簡単じゃないぞ」と心の中で思う.たまに口に出すけど.

人にお願いをする=人にサービスしてもらう,ということは全然タダじゃない.

「タダより高いものはない」そういう諺があるけど,忘れている人も多いのかもしれない.ギブアンドテイクを実現できていて,その平衡が保たれている関係であればいいかもしれないけど,仕事となればそんなフラットな関係はなかなかない.おおよそ縦の関係で偉い人と偉くない人がいる.確かに組織をつくるための仕組みとして縦関係は必要だ.ただその関係に甘んじて偉い人は偉くない人に何をお願いしてもいい,というわけではないのだ.

上司が部下に指示を出す.そのとき部下がちゃんと成果を出せばその分給与を上げるなどして,ギブアンドテイクの平衡を保ってほしいなと思う.年功序列はその平衡関係を壊しかねない.

ビニール袋に広告を同封すれば無料にできるかも

街頭で無料でもらえるものの代表といえばポケットティッシュがある.ポケットティッシュもどれだけもらっても無料(そうじゃない場合もあるかも)という点は,以前のビニール袋と同じだ.

ただポケットティッシュとビニール袋には大きな違いが一つある.それは,ポケットティッシュには広告の意味もあり,広告主がお金を払って広告をポケットティッシュに同封し配布している,という点だ.つまり,ポケットティッシュは無料で配布したとしてもある程度のリターンは期待できる.

ビニール袋にも広告を印刷したりチラシを同封したりして,広告の効果を持たせれば無料にできるのでは?と思う.もちろんそれには広告主が必要だけど.

つまり,広告主がお金を出してくれるからビニール袋を無料で配布できる.そんな構図に変えることができれば,お客さんは無料でビニール袋をもらうことができるし,広告主はその宣伝効果である程度のリターンを得ることができ,win-winの関係を築くことができるかもしれない.

本当に環境のことを考えるのならゴミ処分の方法から考えるべき

ゴミをビニール袋にまとめて捨てる,という手段はほぼ全ての先進国で共通していることだと思う.つまりスーパーでビニール袋を配らなくてもゴミを捨てるためにビニール袋は生産される.ビニール袋が環境破壊の一端を担っているというのなら,そのビニール袋を利用する社会システムそのものを見直すべきと思う.

もちろんその実現のためには,社会システムそのもを見直さないといけない.それゆえただビニール袋を有料化するだけでは,環境問題においてなんの解決にもならないと思う.

以上,最後まで読んでいただきありがとうございます.

タイトルとURLをコピーしました